リトミックってなぁに?

リトミックって、どんなことをするの?
ダンス? 体操?
保育園や幼稚園でやってるやつ?
お歌に合わせて、踊ってるよね?

こんなふうに、よく聞かれます。
答えは、どれも少し違います。

ダンスや体操のようにみえるけれど、動きは決められていません。
保育園でもやっていますが、音楽教室でもやっています。

では、リトミックとは何でしょう?

目次

リトミックは音楽教育です

リトミックの語源は ” Eu Rythmics(よい流れ・調和)”
スイスの音楽家エミール・ジャック=ダルクローズ(1865-1950)によって考案された音楽教育法です。

ダルクローズが音楽学校で教えていたときの話です。
彼は、生徒の演奏を聞いて、テクニックは優れているのに、音楽的に感じられないのは、なぜだろうと考えていました。

そして、ある時、人が歩くという動作に音楽との関連性を見つけたのです。
心地よい歩行のように、音楽はある。不規則に歩くと、不自然ではないか。音楽もそうであると。

このことをきっかけに、動きを通して音楽を表現する、聴いたことを自分で判断し表現するリトミック教育が生まれました。

リトミック教育の内容

リトミックは、音楽のいろいろな要素を使って
聴いたことを自分で判断し、動きを通して表現することで

  • 音感
  • リズム感
  • タイミング
  • 運動能力

を育てていきます。

また、友達といっしょに身体を動かして音楽を表現することで

  • 人との関わりの大切さ
  • 人の気持ちや心を理解する力
  • 注意深く聴いたり、記憶したり、考えたりする力
  • 興味を持って物事に立ち向かい、積極的に取り組む力
  • 不思議に思ったり感激したりする心 などなど

幼児期に身につけたい多くの要素を備えています。

石丸由理・著「リトミック!リトミック!」より

保育園・幼稚園のリトミックと音楽教室のリトミックのちがいは?

保育園・幼稚園のリトミックも、音楽教室のリトミックも、
音楽で子どもを育てる目的は同じです。

私が担当している園と音楽教室を比べると、違いは人的環境と教室環境です。

保育園

  • たくさんのお友だちといっしょ
  • リトミックの先生の他に、担任の先生や補助の先生もいっしょ
  • いつも過ごす慣れた環境での活動

音楽教室

  • 大好きなお母さん(お父さん)といっしょ
  • 少人数(私の教室は定員6名です)
  • 先生は1人(2人のお教室もある)
  • 教具・楽器が充実している

私が保育園でのリトミックで、とても嬉しい気持ちになるのは、集団のなかで1人1人の成長が感じられる、ふとした瞬間です。身体いっぱいに表現する様子や、お友だちへの優しい気持ちがみえた時。また、私自身も保育園の先生方とチームとして指導することで、先生方から学ぶことが多く、充実しています。

音楽教室では、幼児期のとても愛らしい時期の子育てを、お父さんお母さんと共有できることに喜びを感じます。自分の子育てを振り返り、時々、心がポッと温かくなる瞬間があります。

保育園も音楽教室も、それぞれの良さがあります。

リトミックのレッスンで大切にしている5つのこと

  1. 子どもをよく観る
  2. いっしょに楽しむ、いっしょに創る
  3. よき言葉をつかう、きちんと伝える
  4. 音楽教育であることを忘れない
  5. 私自身が常に向上心を持って学びつづける

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる